コル玉畑の耕作人

三十路過ぎてから、がっつりアニメにはまってしまった人のブログです。現在は上坂すみれさんを推してます。ypaaaaaaaaaaaaaaaaa!!

おやすみマーメイド

前回に書いたすみぺのリリイベに続いて、「大森日雅のおやすみマーメイド」公開録画に参加してきました。無料ラジオサービスのリスラジで、毎週金曜日夜9時から放送されている番組で、今回が初めての公開録画でした!

 

パーソナリティの大森日雅さん(以下、にちかちゅ)は、昨年のTVアニメ「六畳間の侵略者」の虹野ゆりか役でデビューした新人声優さん。今回ゲスト出演された長縄まりあさん(以下、まりあんぬ)も、同じアニメのティアミリス・グレ・フォルトーゼ役でデビューした声優さんということもあり、プライベートでも仲の良い2人です。

 

ステージにはベッドや小物が置かれ、にちかちゅの部屋にまりあんぬが遊びに来るという設定でした。今回のために2人で買いに行ったというお揃いのパジャマで登場。にちかちゅは犬のジョン、まりあんぬは猿の長縄サルという普段から大事にしているぬいぐるみも持参しました。

 

まりあんぬのサルは以前からいろいろなイベントで登場しているのですが、今回初めて(?)ジップロックから解放されて、その姿を見ることができました。当然のごとく、にちかちゅの標的にされ、腹パンされたり、まりあんぬがベッドに隠そうとすると、掛け布団をはがしたりとイジられ放題でしたねww

 

放送はまず、入場前に書いたアンケートをもとに2人が回答していくコーナーからスタート。「2人に挑戦してもらいことは?」のテーマで、なんと自分の書いた答えが採用されました!「ユニットデビューしてほしいです」との答えに、2人の行き着いた結論が「コントをやりたい」になるとは(;^ω^) たった一行の答えを面白くしてくれた2人には感謝しかありません。

 

お互いの秘密をさらけ出すコーナーでは、まりあんぬからにちかちゅの衝撃の秘密が明かされました。

  • 寝ているまりあんぬの上に馬乗りになる
  • まりあんぬに足だけ映った変な動画を送りつける

答えだけ見たら、にちかちゅは変な子ですね(笑) プライベートな事でも暴露できるほど、2人の仲が良いってことなんでしょう!

 

コーナーの合間には、過去50回のコメント動画のハイライト映像も流されました。1回目からほぼ欠かさず見ていますが、個人的にお気に入りなのは第23回ですね!ドリフ好きのにちかちゅならではの回だと思います。

 

次のコーナーでは、サルの鳴き声で歌っている童謡を当てるゲームに挑戦。スタッフさんから歌詞の書かれた紙を渡されて歌うのですが、にちかちゅが「おべんとうばこのうた」を知らなかったのには驚きました。一回りほど年齢も違うのでジェネレーションギャップですかね…。スイカもどき(スイカ柄のビーチボール)割りゲームでも、まりあんぬが憤慨するぐらい指示が悪かったなぁ(^^; でもそんなポンコツのにちかちゅが好きです!

 

ずっと笑いに絶えない1時間半で、あっという間に時間が過ぎてしまいました。面白かったのはもちろんですが、カメラが回っているのを忘れているんじゃないかというぐらいのイチャイチャっぷりがとても良かったです!後日、GA文庫チャンネルで公開される予定なので、ぜひもう一度見返してみたいなと思います。

 

(追記)

GA文庫チャンネルでようやく公開されました!

煩悩のキャンプファイヤー

昨日は都内で今年最高気温を記録した一日だったそうですが、そんな暑さにも負けずに推しイベントを回してきましたよ!まずは、すみぺの「Inner Urge」発売記念イベント 煩悩のキャンプファイヤーに参加しました。

f:id:gullmarin:20150727124633j:plain

 

会場のダイバーシティ東京プラザに着くと、ちょうど公開リハーサルが行われるところでした。ショートパンツにTシャツ姿のすみぺに、ニヤニヤした同志は私だけではないはず(笑) 本番では白一色の衣装にガーターベルトで登場して、新曲の「Inner Urge」をはじめ、4曲を披露してくれました!

<セットリスト>

  1. 七つの海よりキミの海
  2. 閻魔大王に訊いてごらん
  3. げんし、女子は、たいようだった
  4. Inner Urge

 

「げんし、女子」の時は、25日のリリイベでは出来なかった水鉄砲を持ち出して、同志たちに乱射してくれました。後ろの方だから浴びないかなと思ってましたが、すみぺがステージから降りてきてくれて、ぐるりと1周してくれたおかげで、浴びることができました!

natalie.mu

 リリイベの後はポスターお渡し会があり、短い間でしたが、すみぺとお話しできました。お渡し会終了まで待っていると、すみぺが残った同志のところまで来て、即席のハイタッチ会もしてくれました。自分はリーチが届かずタッチできませんでしたが(´Д`)

 

水鉄砲やハイタッチ会にしろ、本人は楽しいからやっているんでしょうけど、予定にない事をこんなにやってくれるイベントは他にないんじゃないでしょうか。すみぺが同志の心をつかんで離さない理由を垣間見たそんな神イベントでした!

最初で最後のデート

もう1週間経ってしまいましたが、先週の日曜日にA&G NEXT GENERATION LadyGo!!fifthデート~君と私の時代~の昼の部に参加してきました!過去のデートはDVDで見たことがありましたが、今回5回目にして初めてデートに参加しました。

 f:id:gullmarin:20150720214721j:plain

 

まずは日曜お昼の「○○におまかせ!」風にlady5人の近況を探るコーナーからスタート。すみぺはスタッフに飲み物のプレゼンをされていることを暴露され、テロップからめくられる「可愛い」の文字に華麗な回し蹴り(パンチラも!?)を見せてくれました(笑)

 

各曜日別のコーナーでは、まず月曜日の「劇団上坂シアター」が登場。いつもはリスナーから送られてくるキャラクターを面談するのですが、この日は他の曜日のメンバーが考えたキャラクターを考えたメンバーが演じるという特別版。個人的に一番ツボに入ったのは、なつ姉(cvみかしー)の描いた腹筋マシーンの「ワンダー○○」をモチーフにした絵でしたね。

 

木曜日の「拝啓、なつみお姉さま」では、メンバー5人が会場を「妹たち」に見立てて「お姉さま」となり、第1回いもう都知事選挙が行われました。選挙にちなんで、ポスターのポーズ対決と演説対決を行いましたが、演説は各々のキャラが突出し過ぎて笑わせてもらいました。特にすみぺの恐怖政治はいつも以上に怖かったです(;^ω^)

 

金曜日の「ハニーさん、いらっしゃい」では、るみるみ(夫)&みかしー(妻)、なつ姉(夫)&すみぺ(妻)&みかこし(息子)のペアで、それぞれ夫婦役となり、トークを繰り広げました。久々にるみるみ演じる「伊達瑠美男」さんが登場し、相変わらずのイケメンっぷりを発揮してましたね。

 

 

デート恒例の朗読劇は「夢オチ」前提で、もしもlady5人に入っていなかったらどうなっていたのか、各メンバーずつのエチュードを披露してくれました。歌唱コーナーでは新曲の「Progression」「A Little Magic」を初披露。昨年の白一色とは違って、黒をベースとした衣装でシックな出で立ちでした。

 

 

最後に5thデートのDVD発売が発表され、幕を閉じました。特に何事もなく終わったなと思っていましたが、のちに夜の部でとんでもない重大発表が行われていたことをツイッター上で知ることになりました…。

 

10月2日を持ってladygoが終了

 

どこかで覚悟はしていたけど、実際に発表されると寂しさは拭えません。すみぺを知るきっかけになったのは、このladygoでした。番組開始とともにテルミンを弾く姿に衝撃を受けたのは、4年近く経った今でも鮮明に覚えています。

 

それからすみぺだけでなく、みかしー、みかこし、るみるみ、なつ姉。それぞれ当時アニメの主演級を演じていたこともあり、毎曜日聞くようになりました。そんな番組が終わってしまう。この日の朗読劇ではないけど、これが「夢オチ」だったらと思ったりもしました。

 

ただ、先週1週間のladygoで5人の正直な気持ちを聞いて、前向きな卒業であることを再認識できました。番組開始から5年経ち、「次世代の声優界を引っ張っていく若手女性声優5人が、 リスナーのみなさんと一緒に番組と共に成長していこう」という役割は終わったのでしょう。もう今や声優界の中心を担うlady5人なのだから。

コルホーズの玉ねぎ畑

今日は上坂すみれファンクラブイベント第1弾~耕せ同志たち!!ついに開墾!!「コルホーズの玉ねぎ畑」!!~【昼の部】に参加してきました!
f:id:gullmarin:20150524185440j:plain


午前中からグッズの物販があったので、販売30分前に現地に到着したのですが、すでに100人以上の列。販売開始後も列がほとんど動く気配もなく、その後にオフ会にも参加する予定があったので、なくなく離脱。上野のスイーツパラダイスオフ会へと移動しました。


総決起の時から同志の人たちともっと交流したいと思い参加しましたが、相変わらずのコミュ障っぷりを発揮。なかなかお話しできませんでしたねぇ(´Д`)でもケーキは美味しかったし、30人ぐらいの同志諸君でスイパラ厄介になるのも楽しかったです(笑)企画して下さったくーかいさんにはホント感謝ですm(__)m


再び鶯谷東京キネマ倶楽部に戻り、整理番号位置に整列。この日の番号はなんと13番という神がかり的な数字!オールスタンディングの会場ということもあり、最前に陣取ることができました!!
f:id:gullmarin:20150524200356j:plain


イベントはまず、「逃走中」に出てくるハンターのようなスーツにサングラスをかけた2人(すみぺ曰くスタチャの社員さん)が登場し、紹介に合わせてコル玉旗を振りながらすみぺが登壇。最初は生産者の心得5カ条を唱和して、入場時に配布されたコル玉ラベルのお水で乾杯しました!お水は「阿蘇のメイスイ」http://www.meisui.net/らしいですよ。
f:id:gullmarin:20150524185426j:plain


次は入場時に投稿されたご意見箱をもとにトークタイムです。高性能ダンボールの使い道やらコル玉のポーズやら同志たちの新しい呼び方など、いろいろな話がありました。特に新しい呼び名の候補に「屯田兵」と挙がったのは衝撃でした…。何だかんだでやっぱり「同志」が一番しっくり来るんですけどね(;^ω^)


続いては、すみぺ自作の紙芝居「畜生でもわかる玉ねぎの育て方」のコーナー。絵からは安定のクオリティを醸し出していましたが、締め切りをすっかり忘れていたらしく、20枚近い絵を6時間で仕上げたそうです。特に水着の女の子はドストライクでした!自分には全く絵心がないので、絵を上手に描ける人は本当にすごいと思います。


その後は物販で売り出されているグッズ紹介です。やはり今回の目玉は「高性能ダンボール」でしょう!商品会議でも異論が出なかったという一品。それでいてスタッフに「十分ご検討の上お買い求めください」と言われる厄介な一品。私は買いませんでしたが…。
f:id:gullmarin:20150524213901p:plain


ここまで始まって45分ぐらいしか経ってないのに、すみぺからはもう終わりの時間と…。ここで秋に「植え付け祭(仮)」開催のお知らせがあり、このまま終わるのも締まりが悪いと「七つの海よりキミの海」を披露してくれました。最前で見る「むろみ~」は高まりでしかないですね!!


最後に恒例の写真撮影タイム。4thシングル発売イベの時にチラ写りしましたが、今回は最前なのでちゃんと写ってます!もう全世界にフリー素材化です(笑)


すみぺが引き揚げると再び「ハンター」2人が登場し、これからすみぺが参加者1人1人に玉ねぎをお渡しするとのお知らせが…。??と思っているうちにスクリーンには6thシングル「Inner Urge」が7月22日発売との告知も。かつて声優さんのイベントで野菜をお渡しするということはあったでしょうか。もらった玉ねぎは美味しくいただくか、大切に育てようと思います!
f:id:gullmarin:20150524185951j:plain


お渡し会以外では今回が最接近戦だったので、すみぺの一挙手一投足にじっと見とれてしまいました。次の「植え付け祭」も来年の中野サンプラザ公演もぜひ参加したいです!

俺の嫁がそんな簡単に取れるわけがない

先日の休みに、会社のオタ同僚とともに秋葉原へ行ってきました!

 

待ち合わせの電気街口に到着するやいなや、残念そうな顔で現れる同僚。

「二千円突っ込んだんですけど、取れませんでした」

 

今月が私の誕生日ということもあって、

私が欲しがっていた「俺妹」の高坂桐乃のフィギュアをゲーセンで見つけ、

プレゼントしようと挑戦してくれていたらしいのです!

f:id:gullmarin:20150305203713j:plain

 

現場へ行ってみると、確かにかなり動かしたような形跡が。

さらにもう千円ぐらい挑戦してくれたのですが、ウンともすんともせず。

これ以上、費やしてもらうのも申し訳ないので、

また帰り間際に寄ってみようと言い、一旦あとにしました。

 

その後は散策しながらプレゼントを選んでくれようとしたのですが、

なかなかお目当てのものは見つからず…。

休憩がてら、パセラリゾーツ秋葉原電気街店へ寄ることに。

 

 まずは、同僚に返そうと持っていた「六畳間の侵略者Blu-ray6巻を観賞。

作品やビジュアルコメンタリーを見ながら、

ああでもこうでもないと語るのは楽しいの一言に尽きます!

 

カラオケでも「六畳間-」のキャラソンや、

主題歌を歌った「ハートインベーダー」の曲を歌いまくりました。

 (「六畳間-」や「ハートインベーダー」については、別の機会に詳しく書きたいと思います)

 

 あと、パセラといえば「ハニトー」。

けっこう足を運んでいるのですが、今回初めて食べました。

ハニトーバニラにイチゴソースのトッピングでしたが、

ハニトーとバニラアイスの甘さに、イチゴソースの酸味がピッタリ!

注文してくれた元飲食店店長の同僚のセンスに感心しました。

f:id:gullmarin:20150303000348j:plain

 

何だかんだ3~4時間ほど休憩したので、再び朝一番に寄ったゲーセンへ。

お目当ての桐乃のフィギュアは、スタート時点の位置に戻っていました。

 

 少ない資金の中、もう一度挑戦してみようということになり、

千五百円ほど投入したところで、置き直してもらおうと店員さんを呼ぶことに。

 そこで登場した優しい店員さんに攻略法を伝授していただき、

さらに穴に近い状態で置き直してもらい、再挑戦。

 

左右交互に少しずつずらしながら、地道に穴へと進めていき、

同僚の資金も尽きてきたので、私も参戦。

しばらくして、ようやく嫁を迎えることができました\(^o^)/

 

 

二人合わせて五、六千円はつぎ込んだでしょうか。

十数年ぶりにUFOキャッチャーに熱くなりました(;^ω^)

 

それから帰宅の途へ就こうと移動していると、

とある店頭にゲットしたばかりの桐乃のフィギュアがあり、

そこには「1680円」という値札が…。

 二人とも絶句したのは言うまでもありません。

 

もう当分UFOキャッチャーはやらん!!

上坂すみれ最高かよ!

2月11日に中野サンプラザで行われた上坂すみれさん(以下、すみぺ)の第二回革ブロ総決起集会に参加してきました!

第一回は仕事の都合で参加できなかったので、2年越しの思いで参加できることもあり、この日を待ちに待ちわびていました。


朝から仕事で会場に到着したのは15時半。ツイッターのTLを見て覚悟はしていましたが、物販列に並んだ時にはほぼ目当てのものは売り切れ…。

最後の望みだったブロマイドも、サンプラザ内の階段を上がっている途中で完売…。結局、タオルと変態撲滅手袋、ガチャ1回まわしたのみでした。

すみぺと同じく「水曜どうでしょう」好きの私としては、「おい、パイ食わねぇか」のサイン入りが欲しかったなぁ…。


ちなみに翌日、荷物を整理していたら、変態撲滅手袋が左手2枚だったことに気づきました( ゚Д゚)
もし右手2枚だった同志の方がいらっしゃったら、ご一報を(笑)

 


今回の総決起で一番興奮したのは、すみぺソロの「INSIDE INDENTITY」が聞けたこと!

事前に映像化されないことが発表になった段階で、レーベル(キング、スタチャ)以外の曲をやるんだろうなと思ってましたが、「今よ!ファンタジスタドール」と2曲もやってくれるなんて(´▽`)

「INSIDE-」は自分の好きな「中二病でも恋がしたい!」のEDだったので、イントロ流れた瞬間にテンションMAXです!曲終わりには凸守も降臨してくれて感謝感激でした!!


降臨といえば、バイオレット星から「めろ坂みみみ」さんも参加してくれました。病みパラで見納めだったはずなんですけど、18人兄弟を養うためにまたやってきてくれましたね(笑)

「みみたそ」の何がいいってカワイイのはもちろん、キャラづくりに耐えられなくなって心の折れる瞬間が垣間見えるところ!癇癪起こしたり、地の声が出てしまうところは毎回笑ってしまいます。



今回は-ファイナル-を銘打っただけあって演出や衣装も豪華!
男性も加わって人数が倍増したダンサーにも目を奪われたし、みみたそのLED衣装もしかり、「FLYERS」でのサーチライトなど…。

公式さんがチケット収支を全部注ぎ込むぐらい予算をかけると言っていたとおり、ステージングも良かったなぁと思えるライブでした。



ライブ終盤は「七つの海」からの「げんし女子」(この流れ最高!)、アンコールの「閻魔」→「我旗」→「暁」と最高に盛り上がったのですが、気がかりなのは、いまだに-ファイナル-の意味が解明されないまま。

「生産!団結!反抑圧!」のスローガン三唱もして、「革命的ブロードウェイ主義者同盟」も歌い終わって、すみぺは「解散!」と舞台袖へ下がっていってしまう…。

場内には幕引きのアナウンスが流れ始め、今日は何の発表もないのかと帰り支度をはじめようとしました。

と、その時…

再びステージ上にスクリーンが下りはじめ、来年2月11日、12日に中野サンプラザで2daysライブの開催、そして上坂すみれファンクラブ発足の発表がありました。

来年は場所を変えてどこかでやるのだろうと思ってましたが、中野サンプラザでしかも2days!さらに驚いたのが公式ファンクラブの発足!!

早速、5月24日にファンクラブイベントがあるらしいですが、すみぺのことだから、どんな事をやってくれるのか楽しみで仕方ありません。
もちろん翌日には「コルホーズの玉ねぎ畑」に申し込みました!まさかこの歳になってファンクラブに入るとはね(;^ω^)


久しぶりに3時間ものライブに参加して思ったことは、演者(すみぺ)と観客(同志諸君)が一体になって、作り上げるものだなと思いました。

同志諸君がサイリウムを振ったり、コールしたりすることで、すみぺの気持ちを高めていって、最高のパフォーマンスを引き出す。これに尽きるのではないかなと。

すみぺも「我らと我らの道を」で客席に降りて歌ってくれたり、アンコールでは今回もプレゼントコーナーがあったり、変わらず同志との距離を保ちたいと思ってくれているのは、ありがたいというか同志冥利に尽きます(≧▽≦)


本当に上坂すみれ最高かよ!!

ソライロ

上坂すみれさん(以下すみぺ)の4thシングル&ライブDVD発売連動イベント第1部に参加しました!

イベントの会場は全電通労働会館。すみぺが初めてライブをした思い出の場所でもあります。
f:id:gullmarin:20151026221126j:plain

イベントはミニライブ&ステッカーお渡し会。
まずは「予感」のSEに乗って、すみぺが登場。今日は、4thシングル初回限定盤のジャケットにもなっている青い衣装でした。
f:id:gullmarin:20151026221159p:plain

先週行ってきた船橋オートレース場の公開プロパガンダでは、通常盤ジャケットのピンクのロリータ衣装だったので、この2週間で両方の衣装を拝めて、幸せ者ですね。


1曲目は4thシングルの「来たれ!暁の同志」。

ユーロビートのナンバーが特別好きというわけでもないですが、

この曲は最初に聞いた時から、完全にハマっちゃいました。

やっぱりサビ前の「生産!団結!反抑圧!」の部分は、

すみぺと同志が一体となって、コールするので盛り上がりますね。


2曲目はライブ初披露?の「TRAUMAよ未来を開け!!」。

サビ終わりの「カランカランカラカラン」が中毒性高い!

3曲目の「すみれコード」も、

サビで「あなたは四十五回転、あたし三十三回転」の歌詞が繰り返されるのですが、

これまた中毒性が高く、脳内で永遠とリピートされてしまいます。

そして4曲目は、初めてライブを披露した時の曲「ソライロ」。

その思い出の曲で、まさかのアクシデント。

1番の途中で歌詞がすっ飛んでしまう事案が発生!

他の方のライブなら、ハミングなり、2番の歌詞を歌うなりするのでしょうが、

すみぺは「ちょっと待って!」と曲を止めてしまったのです。


同志諸君に「10秒待って」と言い、ハミングしながら、

懸命に歌詞を思い出そうとしているすみぺにホッコリしちゃいました。

改めて、最初から「ソライロ」を歌い、

一度で二度おいしい思いをさせていただきました。

次のMCでも「全電通労働会館の悪霊が…」とか、

「同志諸君も嫌な思い出の場所に行くとその記憶が蘇りますよね」と、

何とか歌詞が飛んでしまった事案を必死に弁明しようとしている姿が、

すみぺらしくて、とても微笑ましかったです。

「生産!団結!反抑圧!」のスローガン三唱から、

ライブの締めは「げんし、女子は、たいようだった」。

すみぺがリリースした曲の中で、一番のお気に入りなので、

マイクスタンドが出てきた段階で、テンションMAXになっちゃいます(^∇^)


「このまま二人結ばれようか(ようかー)げんし(げんしー)女子は(女子はー)…」

このサビのコール&レスポンス部分がすごく好きで、

「来たれ!暁の同志」の「生産!団結!反抑圧!」もそうですが、

基本的にコール&レスポンスができる曲が好きみたいです。

そして、この曲でも再びアクシデントが…。

1番のサビに入ろうとしたところ、2番の歌詞を歌ってしまいそうになり、

「あっ、あっ…」とまたもや曲をストップさせてしまいました。

ここも、最初から「げんし、女子は、たいようだった」を歌い直し、

一度ならず二度も「ああ〜げんしけん!」を言えました(笑)。

最後はいつもの記念撮影タイム。

すでに、すみぺのツイッターにアップされてましたが、

全世界に顔が公開されちゃいましたね…。

でも、すみぺと同じフレームに入れたので、良しとしましょう!



お渡し会は400人以上の同志が集まったので、ほぼ流れ作業状態に。

ほんの十秒もお話しできなかったですが、

1メートルあるかないかの距離で、すみぺの姿を見られて良かったです。

あと毎回(今回で3度目)、ステッカーを渡し終わった後も、

視界から切れるまで、ちゃんとお見送りしてくれるのは本当にうれしい限りです!


f:id:gullmarin:20151026221328j:plain

会場を出ると、猛暑だったのがウソのように夕立が降っていました。

しかし、夕立がすみぺの全電通労働会館の悪霊を洗い流してくれたのでしょう。

しばらくすると雨は止み、雲の切れ間からは「ソライロ」が。

約2年前、初めてライブを披露したこの地が、

成長したすみぺの姿を祝福しているかのようでした。